2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 久しぶりの陶芸 | トップページ | 城山公園・二の丸の紅葉 »

2016年11月20日 (日)

紅葉を訪ねて

遅ばせながら紅葉を訪ねてみました。

今年は夏バテをし、
妻が大怪我をし、
敬老・秋祭りの世話、
陶芸での県展用の作品つくりと
忙しく殆ど外に出ませんでした。

久しぶりの自然との出会い、
大袈裟ですがそこにいるだけで
幸せを感じます。

「古岩屋」

Img_9626_640x427

殆どが年寄りだけで
若者たちの声が聞こえません。

Img_9623_640x427

この婆さん、ずっと同じところで、・・・、
白レンズで頑張っておりました。

Img_9662_427x640

「不動尊・紅葉谷」

ここへは雪のある真冬にも写真を
撮りに来ることがあるのですが、・・・
今日は静かです。

Img_9624_640x427

Img_9630_640x427

大師堂

Img_9631_640x427

大師堂の横にテントが張られており
靴もあるので無人ではなさそうです。
お四国を歩いているのかも知れませんね。

Img_9633_640x427

不動明王堂

Img_9647_640x427

岩の穴に不動明王が鎮座されております。

Img_9648_640x427

正岡子規の句碑

「夏の日能 ひえてし多ゝる 岩間可奈」  

句碑を正確に読めないので
あちこち子規の本からこの句を探しました。

明治16年の帰省の時に、
友人たちと古岩屋まで足を延ばし、
礫岩峰が屹立しているさまを、
古岩屋に沿ふて歩むに河はやうやうに
廣く深くめづらしき石のここかしこに
つき立ちたるなどさすがに見處多しと記し、
この句が作られたそうである。
昔の時間の方が風情があって良いですねぇ。

Img_9646_640x427_2

「関門」

紅葉が今一つと太陽の光が弱いとで
水面に写る紅葉が、・・・

ここへも殆ど毎年、雪がある真冬に
写真を撮りに来たのですが、・・・

Img_9666_427x640


Img_9681_640x427


Img_9691_640x427


Img_9698_640x427


Img_9701_640x427

Img_9728_427x640

「面河渓」

真冬には関門から歩いて登ります。
道路に兎とか小動物の足跡が
はっきりと残っております。

国民宿舎が閉鎖したため、
渓泉亭が再開されたようです。

Img_9713_640x427


Img_9717_640x427

国民宿舎が閉鎖されている。
遊び方が違って来たのですねぇ。

Img_9721_640x427

再開された渓泉亭

Img_9722_640x427


Img_9731_640x427

道路工事にも負けず、
根を張って頑張っております。
何があっても何をされても
逞しく生きたいものです。

Img_9723_640x427

一人で行楽に行くことなんか今まで
経験がなかったのですが、・・・
行く場所・行く時間、全く気にせず、
気ままに動けるから
これも良いかも知れません。
もう少し逞しくなり、
どこにでも泊まれるように、・・・

                成 松

« 久しぶりの陶芸 | トップページ | 城山公園・二の丸の紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
紅葉の季節ですね。
真っ赤に染まった紅葉を見ると朗らかな気分になるのは日本人だけなのでしょうか。
紅葉を見るだけで幸せな気分になるので一年のうちでこの時期が一番好きです。
面河渓は自然の芸術のように綺麗ですよね。
去年行けなかったので今年は面河渓に紅葉を見に行きたいです。

一人旅と複数人で行く旅とでは、それぞれ違う楽しさや醍醐味がありますね。
私はのんびり一人で時間を忘れる旅を計画するのが好きです。

もみじさん、コメント有難う御座います。
どこの紅葉も遠くからみると綺麗なのですが、・・・、マクロで撮ると葉っぱの先が縮れていて絵になりません。夏に雨が降らずに気温が高いからこうなるんでしょう。ここ数年は紅葉を撮りに行く時、以前ほど気分が高まりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの陶芸 | トップページ | 城山公園・二の丸の紅葉 »