2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月24日 (土)

第65回秋季 後期県展

秋季の後期県展が
12月15日~25日まで
開催されました。

例年は南館の方で開催されますが、
今年は南館耐震工事の為、
新館の方で行われます。

新館の方は所謂美術館で、
多少緊張しましたが、
それほどでもありませんでした。

新館で開催されるのを早く知っていたら
今後二度とこういう機会はないので、
もっと力を入れた作品を
作っていたのにと、若干後悔しております。

県展当初は会場がないので、
三越・市駅等、数カ所で行われたそうです。

Img_6096_640x638

四国国体で出来た県民館で
行われるようになりました。

Img_6095_585x640

昭和45年から、南館で
行われております。

Img_6081_640x634

会員展祝賀会の模様です。
私の知人も壇上に上がり笑顔で
写っております。

Img_6091_640x556

昨年度の授賞式

Img_6094_640x563

陶芸部門

Img_6152_640x480

Img_6156_640x480

私の作品も写っております。

Img_6155_640x480

Img_6110_640x578


Img_6121_478x640


Img_6123_468x640


Img_6112_481x640

これは私の作品です。
黒土に白化粧土を塗り、
掻き落としで、
菊花の紋様を描いております。

Img_6142_502x640

私の陶芸仲間の谷口氏の作品です。
鉄絵で鳥獣人物戯画を描いております。

Img_6146_481x640

書道部門

Img_6164_640x480

藤岡抱玉さんの作品です。
彼女とは昔からの知り合いで、
いつも県展の作品を楽しみにしております。

Img_6157_480x640


Img_6158_480x640

岡本千秋さんは小学校同学年で、
彼女の御主人は菊間のお供馬で
活躍されております。

Img_6165_480x640


Img_6166_480x640

日本画部門

Img_6169_640x480

彫刻部門

Img_6170_640x480 

例年なら10月中に開催されているのですが、
南館耐震工事の為、遅くなってしまいました。
来年の春季県展は展示の
スペースが少ないので、
会員の人達だけの出展のようです。
我々一般の人は休みとなります。

来年の秋季県展には気合を入れ、
満足のいくものを出そうと思っておりますが、
但し、気力・体力が持てばの話しですが、・・・

                 成 松

2016年12月21日 (水)

愛媛県高齢者大学同窓会自主活動

高齢者大学同窓会が発表展が
コミセン別館でありました。

Img_6068_640x480

Img_6059_640x480

正直なところ、技術的には低いものですが、
自作のものは愛おしいものです。

Img_6060_640x480


Img_6061_640x480


Img_6062_640x480


Img_6063_640x480


Img_6064_640x480


Img_6065_640x480


Img_6066_640x480


Img_6067_640x480

私もやり始めのころは、
このようなものを沢山作りました。
懐かしい気持ちにさせてくれました。

この陶芸教室を覘かせて貰ったのですが、
老男老女が半々で楽しそうです。
私も友の会に入りましたので
入会の資格はあります。

来年はこの教室に
入ってみようと思っております。

                 成 松




2016年12月12日 (月)

秋季県展前期

秋季県展前期に行きました。

今回は南館の耐震工事の為、
畏れ多くも新館で展示されることとなる。

最後の方の平日なので静かです。

Img_5996_480x640

12月とは言え、暖かいので
鯉たちも元気よく泳いでいる。

Img_5990_640x480

城山公園からの城山も紅葉している。

Img_5993_640x480

城山公園の銀杏です。

Img_6038_480x640

県展65回の歴史を写真で展示しております。

Img_5998_640x480


Img_5997_640x480

美術館のエントランスホール

Img_6004_640x480

「洋画」

Img_6003_640x480

小島の芸予要塞
ここは今年の春、60年ぶりに訪ねたところで、
秋の紅葉を撮りにと思っていたのですが、
残念ながら時機を逸しました。

Img_6033_640x480

「写真」

これは西条あたりから撮ったものであろうが、
場所が不明である。探せば判るだろう。

Img_6009_640x480

来島大橋、私も撮っています。

Img_6010_640x480

「版画」

この方(高橋氏)が版画のことを丁寧に
教えてくれる。70歳の元教師で、
40年版画をやっているらしい。
この道後温泉も見事なものである。
制作時間は年を取ったので1ケ月と言う。

Img_6023_640x480

子規会館、この版画はやり始めて
2年だと言うが、絵心があるので早いと言う。
何でも絵心がある人は羨ましい限りである。

Img_6022_640x480

これは比叡山延暦寺の本堂であろう。
版画はモノクロが落ち着いて良い。

Img_6024_640x480

多分、椿神社だと思うが、
この作者は88歳だと言う。
色刷りの場合は色の数だけ原版を
作るそうである。
そうすると10枚くらい作ったのだろうか。
それを一色一色刷っていくのだと言うが、
恐るべき88歳。
すごいエネルギーである。

Img_6026_640x480

天気が良いので久しぶりに
城山に登ってみるが、
途中何回休んだだろうか。
年は取りたくないなあ。

Img_6045_640x480

私も後期の方に、陶芸で出展しているので、
どうか見に来て下さい。

                 成 松

2016年12月 2日 (金)

谷上山・宝珠寺・紅葉山を訪ねて

「谷上山」に久しぶりに訪ねてみました。
ここへは子供たちが小学生の頃、
何度か登ったのですが、
30年以上も経つと記憶が薄れており
初めて来たような錯覚を感じます。

Img_5951_640x480

こんな公園はなかったように思います。

Img_5936_640x480

公園の管理棟

Img_5947_640x480

第2展望台への階段、
擬木で200段以上あり、
カメラを持って登ると、
ゼーゼーハーハーです。
一気には上がれませんでした。

Img_5946_480x640

第2展望台
ここも60段の階段があり、
ゼーゼーハーハーです。

Img_5945_480x640

展望台からの眺めは最高なんですが、
海はガスっており、はっきり見えません。
今日の目的は、ダッシュ島の由利島を
撮りに来たのですが、・・・
中央の上部に由利島が見えないでしょうか。
写っております。
意外と近いんですね。
テレビで見る島の形です。

真冬の空気の澄んだ時期に
ハッキリとした由利島を撮りに来ます。
ご期待あれ!

Img_5938_640x480

興居島が見えます。

Img_5939_640x480

第1展望台の麓に
正岡子規の句碑がありました。

「夏川を 二つ渡りて 田神山」

Img_5950_640x480


Img_5949_480x640

「谷上山宝珠寺」

この寺は真言宗智山派京都智積院の末寺で
御本尊は千手観音です。
674年創建とのことですので
由緒ある古刹です。
この寺にも何度かお詣りした記憶があります。
本当に静かな山寺なので誰とも会わず、
鳥の声だけですが癒されます。
こういうところに住んでみたい思いが・・・

Img_5953_640x480

山門

Img_5957_640x480

本堂

柄にもなく妻の怪我が早く
治りますようにと・・・お願いをする。

Img_5961_640x480

大師堂

妻の怪我が早く治りますようにと
お大師さんにもお願いしておく。

Img_5968_640x480

御寺に絵馬があるのは珍しいのでは
ないのでしょうか。
私の知識不足か、絵馬とは神社のものと
思っていたのですが、・・・・・
どなたかお教え下さい。

Img_5971_640x480

庫裏

Img_5960_640x480

稲荷山公園・紅葉山

Img_5983_640x480

稲荷神社

Img_5988_640x480

紅葉も殆ど落ちており、
少なくとも10日は遅かったようです。

Img_5984_640x480

黄・赤・緑を撮ってみたのですが、
それほどでもないようです。

Img_9768_640x427


Img_9771_640x427

少し光が入って来たようです。

Img_9776_640x427


Img_9777_640x427

最近はいつも単独行動です。
独りの行動は時間に自由だと言う
利点はありますが、・・・、 
反応がない寂しさもあります。

先ず、近在の行ったことのある個所を
独りで少しずつ訪ねて廻ろうかと
思っております。
同じところでも、時間の経過等の
条件が異なるとそこから受ける
感じも違うのではなかろうかと
期待しております。

                成 松

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »