2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月19日 (水)

句碑めぐり・22

今日は北条地区の
句碑めぐりに出かけることにする。

「粟乃井井戸前」 北条小川

この堂守りをしている老婆から
色々と戦後の様子を聞く。
昔はこの井戸を使っていたそうである。

Img_6492_640x480

Img_6488_640x480

村上壺天子
「粟の井や そこ夏の海よりの風」

釈学信
「すめる世に またも粟井の 水ならば
    たち帰り来て かげうつさまじ」

Img_6489_640x480


Img_6490_480x640


Img_6491_480x640

「粟井坂大師堂」 北条小川

旧の粟井坂はJR粟井坂トンネルの上に残る
山越えの細い道である。

Img_6498_640x480

小川村の庄屋・大森盛壽が奔走、
明治13年、国道196号線の元となる
海岸線の新道が完成する。

Img_6499_640x480

正岡子規

「しほひがた 隣の国へ つづきけり」

夏目漱石

「釣鐘の うなる許に 野分かな」
 
Img_6496_640x480

Img_6495_640x480

正岡子規

「涼しさや 馬も海向く 淡井阪」

Img_6500_640x480


Img_6501_640x480

この小さな大師堂には5つもの
句碑があります。
流石に文化の町である。

Img_6503_640x480


Img_6504_480x640


Img_6505_480x640

「蓮福寺」 粟井河原

境内は静かで綺麗である。
この寺は前が旧国道、横が川、後ろが海と
恵まれた環境である。

この寺には「ヒラミン」で知られる
松田薬品の創設者で、北条町長、
衆議院議員・松田喜三郎の句碑もある。

Img_6508_640x480

松永鬼子坊

「梟の ふわりと来たり 樅の月」

Img_6506_640x480

「一心庵」 柳原

この庵は柳原漁港の近くの
住宅地の中にあり、
河野家の沼田一族・得居一族が
祀られているようである。

Img_6513_640x480

Img_6510_640x480


Img_6509_640x480

松尾芭蕉

「枯枝に 鴉のとまりけり 秋の暮」

Img_6511_640x480


Img_6512_640x480

「西ノ下大師堂」 柳原 

虚子の父は廃藩為、帰農し、ここに移住する。
虚子は幼少時代この地で過ごす。

Img_6519_640x480

高浜虚子

「ここにまた 住まばやと思ふ 春の暮」

Img_6515_640x480


Img_6516_640x480

高浜虚子

「この松の 下にたたずめば 露のわれ」

「道の辺に 阿波の遍路の 墓あわれ」

Img_6517_640x480

「法然寺」 北条

北条港の近くにあり、庭園は白砂で、
松の手入れは最高である。

Img_6523_640x480

松尾芭蕉

「春もやや 景色ととのふ 月と梅」

Img_6520_640x480


Img_6521_640x480

下の写真の老人は寺の総代で夜桜の
ライトアップの設置をしている。

昼は法事があるらしく、喪服の人達が
静かに入って来る。

総代が言うには今晩はここで花見をするから
支度をしているのだと言う。
84歳というが本当に元気である。
気さくな人でこの寺のことを
色々と教えてくれる。感謝。

Img_6525_640x480

今日は沢山の北条の人達と
話すことが出来る。

天気も良く、人も良く、桜も良く、
最高の日である。感謝。

                 成 松

2017年4月14日 (金)

菊間を訪ねて

愛媛新聞に「金龍桜」と
「歌仙の滝」が載っていたので
菊間に行ってみることにする。

「金龍桜」とは菊間町池原の掌禅寺の
エドヒガンザクラのことである。
樹齢約400年、高さ16メートルと
大きく堂々とした桜である。

Img_6473_640x480


064a0269_640x427


Img_6476_640x480


064a0285_640x427

境内はそれほど大きくはないが、
整備されていて清楚である。
カメラマンが10数名頑張っている。

064a0293_640x427

カメラマンの中には落花を待っているのか
座り込んでいる人もいる。

064a0288_427x640


064a0292_427x640

1日には約300個の灯籠に明かりが
灯され夜桜を楽しんだそうである。

064a0281_640x427

菊間公園の銅像の菅船長は
この寺に眠っているそうである。合掌。

064a0277_640x427

緑の広場(運動公園)に行ってみる。

Img_6484_640x480

今年の国体ではこの体育館で
バスケットが行われるそうだが、・・・
普段は余り使われていないようなのが
残念である。

Img_6483_640x480_2


064a0297_640x427


064a0313_640x427

この会場に大きな鬼瓦が鎮座している。
人間の大きさと比べてみて下さい。

064a0301_640x427


064a0302_640x427

歌仙の滝にも行ったのですが、
水量が少なく全く迫力がない。

064a0321_427x640

観音さんにお詣りをするが・・・
寂しそうに鎮座しているお姿を見ると
過疎という言葉が頭を過る。

064a0324_640x427

地元のW氏と雑談をしていたので
真っ暗な中で滝を撮りました。
夕暮れでないと青い空も撮れません。
残念。

064a0334_427x640


064a0352_640x427

地域おこし団体「松尾桜会」の方々が
桜を約300本、紫陽花も沢山植えられ、
数年先には春から夏にかけて
滝と花の素晴らしい散策場所になるのでは
なかろうかと期待しております。

故郷って良いもんですねぇ。
散策するだけで癒される気がします。感謝。

                 成 松


  

2017年4月 1日 (土)

菊間瓦会館

久しぶりに「菊間瓦会館」に
行ってみました。

Img_6452_640x480

見事な瓦です。

Img_6448_640x480

会館の2階

Img_6422_640x480

賀茂神社の秋祭り
「お供馬の走り込み」

Img_6382_640x480

大きな太鼓を瓦で造っておりました。

Img_6384_640x480

福を呼ぶ鬼瓦

Img_6388_640x480

不動明王

Img_6423_640x480

遍照院の鬼瓦

Img_6429_640x480

家紋です

Img_6421_640x480

賀茂神社・瓦の神馬

大正13年に青銅製の神馬献納、
昭和18年、太平洋戦争の為、
青銅製の神馬は供出されました。
昭和21年、当時還暦を迎えた人達が、
瓦製の神馬を献上し、30年間境内に
据えられていましたが、
昭和50年に現在の青銅製の
神馬が献納されました。
これは昔献納されていた瓦製の頭部です。

Img_6437_640x480


Img_6415_640x480

これは陶芸で色々な釉薬を使って
造ると面白いものが出来そうです。

Img_6393_640x480

菊間瓦と砥部焼の融合作品です。

Img_6398_640x480


Img_6400_640x480


Img_6404_640x480


Img_6405_640x480


Img_6413_640x480

西予出身の玉春日です。
似ていますね。

Img_6414_480x640

「菅 源三郎 船長を讃える」

瓦会館の隣の公園に建立しております。
子供の頃から偉い船長さんだと
聞いておりました。
東京商船学校卒業後、
欧州・米国・天津・台湾航路と
世界の海で活躍する。
戦時中は色々と活躍するが、
昭和17年5月13日、機雷に触れ沈没する。
当時は船長は船と命運を共にする海員道で、
武士の倣いに従い割腹自決をする。

Img_6447_480x640

菊間、「霧合の滝」

真冬には、この滝で空手家、
愛媛マンダリンの選手たちが
滝に打たれていたのをテレビで観る。

Img_6456_480x640

久しぶりに墓参りの後、
菊間巡りをしてみるが、
まるで浦島太郎である。

                成 松

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »