2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年8月

2017年8月19日 (土)

高縄山の夜空を眺めて

知人 I 氏に誘われ、高縄山に登ってみる。
高縄山には本当に久しぶりである。

鉄塔に行ってみると、夕日を撮る
松山から来たと言う先客がいる。

しばらく雑談をし、我々は高縄寺へ行く。

7時頃だっので、住職・大黒さんも居ない。
先代はこの寺に住んでいたのだが、
若い人だから通いなのかも知れない。

取り敢えず、寺の境内を使わさせて貰うので、
本堂・大師堂に許しのお願いをする。

山門の前と、本堂の前に三脚を立てる。
ただ、残念なのは暗くて、
ライブビューが使えない。
ピントも構図も明確にならない。

山門の前から

1_427x640_2


22_427x640_2


2_427x640_2

本堂前から撮ったのですが、
暗くて構図がとれず、
本堂そのものが入っていない。

4_640x421_2


3_640x427_2

数年以上写真をしていないので、
段取りも悪く、反省ばかりである。

一番反省をしなければならないのは、
先ず、明るいうちに、構図・ピントを
決めておかなければ、写真にならない。
その初歩さえ忘れている。恥ずかしい。

これからも反省と学習の
連続であろうと想像できる。

                成 松

2017年8月16日 (水)

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群

8月13日、0時から4時頃が
一番流星が多い時間でしたが、
残念ながら、その肝心な時間が
曇っておりました。

12日、午後5時半に、知人の I さんと、
彼の知人のKさんと
待ち合わせをして、
石鎚スカイラインへ行く。

天気予報では曇りのようで、
半々の期待で、
カメラのセッティングをする。

私は星空を撮るのは久しぶりで、
流星群を撮るのは初めてです。

簡単な夕食後、雑談をしながら、
各自、仮眠に入る。

これは仮眠前で、9時頃の流星です。
雲に隠れていますが、左下の
こんもりしたところが石鎚山です。

064a1838_467x640

北天の日周運動(比較明合成)

これも9時前後の星空です。
流星が数本見えます。

2_472x640

途中は雲で殆ど見えなかったのですが、
朝方、4時前後の空です。
少し雲がかかっておりますが、
石鎚山が見えます。
(比較明合成)

1_427x640

これは石鎚山がはっきりと見えます。
(比較明合成)

1_640x427

ネイチャーの写真は1枚撮るのに、
何時間~何日間もかかり、
私の性格上、いまひとつ
好きになれなかったのですが、
現場で会ったアマチア・カメラマンの情熱、
感動致しました。
私もこれから少し情熱を掛け、
頑張ってみようと思います。
そのときは宜しくお願い致します。感謝

                成 松

2017年8月 2日 (水)

北条花火大会

今年は北条花火大会に行く。

水面に写る光がどうなるか
非常に興味がある。

先ず、三脚を設置する場所を探すため、
早めに出かける。
風和里かモンチッチからにしようかと、・・・
取り敢えず、風和里へ行く。
家族連れ、若者たちが大勢いる。
中にはバーベキューをしている
グループもいるが、・・・、どうなんだろう。

突堤には一人先客がおり、
彼は西条から来たと言う。
モンチッチは車を出すときに
時間がかかるので、ここにしたと言う。
私もここで良しと決める。

右が鹿島、左が北条港です。
聞くところによると、この間あたりに
花火が見えるとのことです。

064a1602_640x427

花火は水面に写る彩光が良いですね。

064a1620_458x640


064a1651_427x640


064a1663_427x640


064a1670_427x640


064a1690_427x640


064a1699_447x640


064a1716_427x640


064a1629_427x640


064a1668_427x640

モンチッチなら早く行けば、
車から直ぐにカメラを下すことが出来るが、
風和里は車が入らないので、
駐車場から相当遠く、
2台のカメラ・三脚を運ぶにはしんどい。

やはり、2台のカメラがなければ
花火によって大きさが違うので
焦点が異なるカメラレンズが欲しい。

今治から来たと言うご夫婦と割合気が合い、
県政、市政、加計問題の
四方山話をする。面白いお人である。
帰り際にお名前を窺ったのだが、
忘れてしまった。申し訳ない。

途中で娘夫婦が来る。
彼等と花火を見ながら撮ったので、
少しピントがずれているようである。
やはり、写真を撮るときは
喋らず真剣にするべきである。反省。

来年はもっと丁寧に撮る積りです。      

                成 松

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »