2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月17日 (金)

小豆島

久しぶりの小豆島である。

観光シーズンなので船内は車両と
観光客で一杯である。
特に外国人が多い。
2割以上が外国人である。

Img_7446_640x427

何を獲っているのだろう。
100艘以上の釣り船がポイントの
取り合いをしているように見える。

Img_7449_640x427

『オリーブ園』

日本最古のオリーブの木

Img_7464_640x427


Img_7463_640x427

オリーブの実

Img_7458_640x427

昼食は小豆島グランドホテル水明

12品と昼食にしては豪華であるが、
年取るとこれが入らない。残念。

Img_0816_640x480

観光バスの名前が面白い。

「富裕人生」
中国か台湾だろうと思うが、
センスも品もないネーミングである。

ホテルの人は小豆島の人口が多いときから
半分くらいになってしまったと嘆いている。
いずこも過疎には対抗出来ないようである。

Img_7483_640x427

『尾崎放哉』

荻原井泉水に師事し、種田山頭火らと
並び、自由律俳句の最も著名な
俳人の一人。

この丘の向こうに
「尾崎放哉記念館」があるが、
残念ながら時間がない。

種田山頭火ほど有名ではないが、
私は放哉の方が好きである。

Img_7481_640x427

テレビでよく見る有名な
エンジェルロードである。
4つの島を潮が引いた時に歩いて行ける。
アベックにおいては人気のある
場所だそうである。

Img_7474_640x427


Img_7477_640x427

これもテレビで観たのだが、
「通行禁止」の立札がある。
緑の枠の中に、赤文字で通行禁止とある。
聞くところによると、年間40万円の
賃貸料が少ないとのことでもめているらしい。
金員のトラブルのようである。残念。

Img_7479_640x427

「寒霞渓」

若い頃、3度ほど来ているが、
浦島太郎のように、・・・・・、
全く変わっているのには驚く。

Img_7497_640x427

厳しい道ではあるが
遊歩道や休憩所等が整備されている。

064a2984_640x427

展望台より草壁港・
二十四の瞳映画村を望む。

064a2962_640x427

1億円のトイレ

竹下総理の時だったか、各自治体に
1億円を配り、好きなものを造らせた
ことがあったが、
小豆島では寒霞渓のトイレだったようである。
確かに中は綺麗でセンスもある。

Img_7400_640x480


Img_7396_640x480

いまだにトイレの中に1億円トイレの
説明がされている。

Img_7397_480x640

ロープウェイの中から寒霞渓を望む。
残念ながら紅葉にはまだ少し早いようで、
あと、1週間から2週間というところだろう。
右下にロープウェイが写っている。

Img_7517_427x640


Img_7532_640x427

『二十四の瞳映画村』

入口

Img_7544_640x427

道路に大きな写真が貼られてある。

Img_7579_640x427

キネマの庵

高倉健・市川雷蔵・石原裕次郎・
大川橋蔵の顔が見える。

庵の中には戦後のものが
沢山置かれてある。

Img_7550_640x427

昭和30年代のエース、ミゼットである。

Img_7555_640x427

岬の分校の再現

Img_7561_640x427

教壇で生徒の点呼をとったり、椅子に座り
生徒になったり、忙しい爺と婆である。

Img_0825_480x640


Img_7564_640x427

木下恵介監督の資料館

Img_7567_640x427

新しく出来た二十四の瞳像

Img_7573_640x427

『壺井栄文学館』

Img_7575_640x427

Img_7576_640x427_2 

『柿の木のある家』

私が小学6年の時に、今治の小島で
キャンプをした日に、
「柿の木のある家」の映画ロケがあり、
その子役たちと釣堀をした記憶がある。

ここで、その子役は誰だったか聞くと
「桑野みゆき」だと言う。
その小島には一昨年訪島した。
60年以上前のモヤモヤが
一気に解決した。感謝。

Img_7581_640x427

「柿の木のなる家」の映画は子供頃見たが、
小説は読んでいない。
この機会に読んでみようと思う。

壺井栄文学をほんの少しではあるが
味わってみようと思います。

                 成 松

2017年11月14日 (火)

今治へ向かって

今治方面へドライブをする

菊間瓦会館の駐車場に止める。
丘の上にバラ園があり、
大勢の老人・家族連れが来ている。

Img_7422_640x427_2

遍照院には30人くらいの歩き遍路が
お詣りをしている。
コンビニがあるので、休憩しているのだろう。

Img_7425_640x427

以前この茶房がテレビに出ており、
興味があったので来てみる。
なかなか良い店である。

田舎はなかなかお店がないので、
こういう感じの店があれば非常に助かる。
感謝。

Img_7372_640x480

波方の大角鼻

一面、ツワブキが咲いている。

丁度、昼時だったので、近くで工事でも
しているのだろう、数人が
弁当を食べている。
長閑で素晴らしい。

Img_7431_640x427


Img_7434_640x433

波止浜、渡船の駐車場

ここから、来島・小島・馬島へ
行くことが出来る。
紅葉も綺麗なので、・・・・・、行きたいが、
時間がないので次にしよう。

Img_7343_640x480

加計学園

認可が下りたようだが、・・・・・。
学生は集まるのだろうか。

6年後には学生約1000人、
教授・職員等で相当な人数になると思う。
今治市にとっては相当な力に
なるのではなかろうか。

ただ、愛媛県・今治市にとっては
学園誘致はプラス要因ではあるが、
完成するまでに不明な点が多すぎる。
これを明確にして欲しいものである。

Img_7359_640x480


Img_7364_640x480

近場でも癒してくれるところが
まだまだ沢山あるようである。

今は行かないが、子供たちを
育てていた頃に良く行っていたところを
思い出し、探すのも面白いと思うが、・・・。

                 成 松


2017年11月 6日 (月)

博物館・関門・面河・畑野川

久万高原町に出かけました。

『面河山岳博物館』

Img_7321_640x427

『久万高原のきのこ写真展』

きのこの種類は、久万だけで600種、
愛媛県では1000種あるそうです。

Img_7326_640x427

『石鎚山のジオラマ』

中心近くの白いものは信者の一団である。
山開きの様子であろう、見事である。

Img_7347_640x427

『関門』

Img_7352_640x427

数日前まで雨だったのに、・・・・・
澄んだ水は美しい。

Img_7349_640x427


Img_7361_640x427


Img_7351_427x640

『面河茶屋 渓泉亭』

開いていたので久しぶりにここで食事をする。
11月までは毎日開けているそうである。
冬場は土日だけ明けるそうで、・・・・・
雪景色を撮りに来なければなるまい。

Img_7368_640x427

一番右の光るきのこを探し、
撮ってみたいものである。

Img_7369_640x427

渓泉亭の駐車場も一杯で賑やかである。
昔は駐車に苦労したものである。

Img_0724_640x480

『フクロウの彫刻』

あちこちの空地や家の前に彫られた
フクロウが鎮座している。
縁起が良いのだと言う。

Img_7373_640x427

『かかしの里』

畑野川のアグリピアに沢山のかかしがある。 
100体どころではなさそうである。

Img_7399_640x427


Img_7388_640x427


Img_7391_640x427


Img_7393_640x427

今迄、あちこち家を探していたのだが、
なかなか縁がなく諦めていたのだが、・・・
こんな姿を見ていると
再び家が欲しくなる。
残された時間で色々な人たちと
ふれあいたいと気分が高まって来る。

                  成 松

2017年11月 5日 (日)

秋季県展

29年度の秋季県展に行く。

今年の陶芸作品は昨年と比べ
変化を著しく感じる。

私の陶芸の知人で作陶も絵付けも
一流の人が落選している。

今治の優秀な人たちも半分くらいに
減っている。

想像ではあるが、高年齢の人達には
ご遠慮願いたいと言うことだろうか。

Img_7278_640x480


Img_7277_640x480


Img_7270_640x480


Img_7271_640x480

これは私の作品であるが、・・・・・
県展に出すため、大きな作品を5個
作ったのだが、・・・・・
残念ながら思ったように作れず、
数年前に作ったものを少し
手直ししたものを出展致しました。残念。

Img_7266_640x480

正直なところ、今年の県展は
不愉快なことが沢山あり、
来年からはどうしようかと
思っているところです。

                成 松

« 2017年10月 | トップページ